サンタマルシェ ホットジェルクレンジング

  • 商品情報
  • 全成分
  • よくある質問

とろける“温感”
美容液クレンジング

軽く馴染ますと、直ぐにポカポカと温かくなってきます。温感により毛穴を広げ、天然成分“重曹”が、しっかりメイクだけでなく、毛穴黒ずみをかき出し、簡単に落とせます。くすみ肌も、ワントーン明るい透明肌を実感頂けます。敏感肌・乾燥肌の方でもご使用いただけまます。

使用方法

適量を手に取り、お顔全体にマッサージしながら馴染ませます。すぐにポカポカと温かさを感じます。
メイク汚れ・毛穴汚れが浮き上がってきたら、十分に洗い流してください。W洗顔は不要です。
※ウォータープルーフのマスカラやアイラインをお使いの場合は、専用のリムーバーをご使用ください。

使用上の注意

  • お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
  • お肌に傷・腫物・湿疹・かぶれ等の異常がある時はお使いにならないでください。
  • 使用中、使用後日光にあたってお肌に赤み・はれ・かゆみ・刺激・色抜け(白斑等)・黒ずみ等の異常が現れた場合は使用を中止し、皮膚科専門医等にご相談ください。そのまま化粧品類の使用を続けますと悪化することがあります。
  • 目に入った時は、こすらずにすぐにきれいな水で洗い流してください。
  • 直射日光・高温多湿を避け、お子様の手の届かない所に保管してください。

容量:容量:200g

在庫状態 : 在庫有り
¥1,500(税別)
数量

グリセリン、DPG、グリセレス-26、水、オリーブ果実油、ローヤルゼリー、ハチミツ、プロポリスエキス、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ラウリルグルコシド、オウレン根エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リン酸アスコルビルMg、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、炭酸水素Na、グリチルリチン酸2K、水添レシチン、ダイズステロール、セラミドNG、ハチミツエキス、ペンチレングリコール、ヤシ油アルキルグルコシド、オレンジ油、ミルシアリアデュビア果実エキス、レモン果実エキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、アセロラ果実エキス、カルボマー、TEA、BG、(スチレン/VP)コポリマー


サンタマルシェ ホットジェルクレンジングに関するFAQ


Q. ウォータープルーフタイプのマスカラなどのアイメイクは落ちますか?

A. 通常のメイク落としでは落としにくいものもありますので、専用のリムーバー(ポイントメイク落とし)をご使用いただくことをおすすめいたします。

Q. お風呂場でも使えますか?

A. 顔や手が濡れていてもご使用いただけます。入浴時にもご使用いただけます。ゆっくり馴染ますように温感マッサージしていただくと、どんより曇ったくすみ肌も、ワントーン明るい透明感を実感いただけます。

Q. ダブル洗顔は必要ですか?

A. ダブル洗顔は不要です。3大うるおい成分(ナノヒアルロン酸・ナノコラーゲン・ナノセラミド)を配合し、お肌を乾燥などからしっかりと守ります。また美容成分92.3%で構成しているので、化粧水や美容液で整えたかのような、潤い・もっちり感を実感いただけます。

Q. まつ毛エクステにも対応できますか?

A. 香り付けとして、アロマオレンジ油を使用しております。最近オイルクレンジングでも落ちないまつ毛エクステもございますが、オイルフリーのものをお勧め致します。

Q. ニキビ肌ですが使用できますか?

A. ニキビなどの肌トラブルの方にもご使用いただけますように、ニキビ・肌荒れを防ぐグリチルリチン酸2K(甘草由来)や、3種のビタミンC誘導体を配合しております。

Q. 温感効果をあまり感じられません。

A. 温感効果は植物由来の保湿・保水効果のあるグリセリンによるものです。グリセリンは空気中の水分と混ざり合うことで発熱し温かくなる特性があります。空気が乾燥し湿度が低いと、温感効果を感じにくくなります。

商品詳細

1“重曹”と“オリーブ果実油”配合でクレンジング力アップ


植物由来洗浄オイルである”オリーブ果実油”と毛穴洗浄成分の”重曹”を、3種の浸透性ビタミンC誘導体*1の美容液ジェルに処方。 かるく馴染ませた瞬間から温感を実感し、しっかりメイクや毛穴汚れ、古い角質などを浮かせてあっという間にオフします。



2美容成分92.3%配合でクレンジング後なのに、しっとり潤う肌に


美容液レベルの美容成分(92.3%)配合。3種の低分子うるおい成分“ナノセラミド”・“ナノヒアルロン酸”・“ナノコラーゲン”に加え、ハチミツ・プロポリス・ローヤルゼリー配合。洗い上がりはもっちりぷるぷるの透明肌に導きます。



3肌にやさしい7つの無添加



4コレ1つで5つの機能



(1)人差し指と中指の腹であごからこめかみにかけて、輪郭に沿ってくるくると円を描く。

(2)ほうれい線に沿って頬を持ち上げ、引き上げるようにしながらこめかみに流す。

(3)小鼻から鼻筋→眉間に向かって指を移動させる。

(4)目元は目頭・眉頭・眉尻の順に円を描くように指を滑らせる。

(5)額を上に引き上げる。

(6)最後にこめかみから、耳の前を通り首筋→鎖骨まで指を滑らせれば終了。